睡眠時間が少ないと成績が上がらない!
ホーム > 睡眠時間が少ないと成績が上がらない!

睡眠時間が少ないと成績が上がらない!

成績を上げるにはよく寝る?


こんにちは、菅沼です。

「寝る子は育つ」

別な言い方をすると

「寝る子は、頭がよくなる!」
ご存知でしょうか?

睡眠時間が長い子供ほど、記憶や感情に関わる

脳の部位である海馬の体積が大きくなる
事が科学的に

わかっていて、小学生で睡眠が9時間以上の子供は

6時間の子供より、

海馬の体積が
1割程度大きいことが

判明しています。

英単語の暗記を例に説明すると・・・

 例えば、あなたが今20個の英単語を覚えたとします。

そして、しばらく時間をおいてから英単語を覚えているか確認すると、

そのうちの4個(20%)しか覚えていないという結果になりました。

 

一方で、単語を覚えてからすぐに仮眠をとったとします。

そして、同じように英単語を覚えているか確認すると、

今度は8個(40%)の単語を覚えていた、といった具合です。

今のお子さんは、スマホの普及で寝る間も

惜しんでラインをやっています。

もし、あなたのお子さんがそうであるなら

成績は上がりませんよ!

では、また、、、