Voice

生徒の声

一人ひとりに真摯に向き合い合格まで牽引いたします

卒業生や保護者様から多くの喜びの声を寄せられています。リアルな感想は、個別指導のメリットや効果を立証する証です。成績アップのポイントや、お子さまの個性に即した柔軟な対応に定評がございます。成績や受験に関する悩みなどがあれば、お気軽にご相談ください。

生徒たちの生の声

このページでは、先輩たちの生の声を掲載しています。

  • 下妻一高合格

    aoki_page-0001 aokihaha_page-0001
  • 「300点代後半から400点代半ばまで上がり不動岡合格」

    2014voice23 2014voice24

    対策
    入塾テストと体験学習、面接の結果、基本はできているが応用や発展など難易度の高い
    問題はあまり解いたことがないことが判明。まず、応用の考え方を教え多くの問題に挑戦させました。
    ただ猛烈にやらせるのでなく相談しながら納得させて問題に取り組ませました。
    途中何度も志望校を変えるか迷いながらやっていましたが、お母様の「挑戦しないで
    合格するよりだめでも挑戦させてたい。逃げない子になってほしい、、」という要望もあり何度も何度も話し合いながらの志望校決定でした。
    とにかくまじめで生徒会の役員もしていたので、責任感や実行力があるお子さんでした。そういう部分も視野に入れレッスンをしました。
    「あきらめないでよかった、、」が印象的に残っています。

  • 「塾に入るまで勉強の仕方がわからなかった」

    2014voice20 2014voice21

    対策
    おとなしいタイプでなかなか思ったことが言えないようでしたので、とにかく
    話しかけました。また、以前家庭教師をやっていたらしいのですが、「説明が長すぎて
    ポイントがわからない、専門用語を使いすぎる、、」などありがちなことは避け説明は短く、解き方は何度も説明してレッスンしました。
    また、前回、前々回に教えたことは必ず復習させ、解けるまで何回も解かせました。

    丁寧なノートまとめや言われたことはきちんとやるタイプでした。
    第一志望に合格して本当に良かったと思います。
    今は、大学目指して頑張っています。

  • 「成績がどんどん上がり久喜高校合格」

    2014voice18 2014voice19

    対策

    彼女の場合、基礎力はあったのですが、ケアレスミスや忘れてしまったということが多くもったいない間違いばかりでした。
    そこで、「几帳面な性格」を利用して間違えた問題や要点を徹底的にまとめることを
    やらせてみました。コメントや注意点、間違った理由をこと細かくまとめさせ必ず
    7回同じ問題を解かせました。
    コツコツとまとめながら問題を反復して地味ではあるけれど確実に1つ1つ問題を
    消化させました。
    まじめに取り組む姿勢は、好感が持てました。

  • 「数学の点数が上がった」

    2014voice10

    対策
    習い事が多く、多趣味な性格でいろいろなことに挑戦していくタイプでした。
    ただ、勉強が嫌いでどうしたら楽できるかも考えるタイプでしたので、それを利用して
    解法のテクニック中心で教えました。
    とにかく、基本的なことは理解できるので難問や長い長文の攻略法、傾向など興味を
    持てそうなことをレッスンしました。
    その結果、学力特待で合格する私立が2つと志望校に合格しました。

  • 「ノートのまとめ方を習いテストは80点、90点台に」

    2014voice1

    対策

    中学2年生の12月に入会。
    成績を上げたいという気持ちの強い生徒でした。
    話したり人を笑わせるのが好きな性格を利用して数学などは、
    理解させたあとその問題の解き方を口に出して言わせることにしました。
    そうすることで、本当に理解しているのか確認しました。
    それから、単語などの暗記モノは他の生徒と競争させることで
    定着を図りました。
    家で勉強できないということでしたので、塾の空き時間を利用して
    勉強時間の確保させました。

  • 「問題を解くテクニックを学びました」

    m022

    対策
    中学1年より入会。
    当初は、勉強に集中せず、学年でも下位の成績でした。
    したがって、大きな目標を立てず定期試験のたびに1点でも前回より点数を上げることにしました。
    中2の2学期の中間試験で初めて400点台の大躍進で自信をつけ古河3高に入学しました。
    その後もコツコツやり続け高校3年には、学年で上位につけるところまで来ました。
    今後の活躍が楽しみです。

  • 「苦手な数学が100点に」

    m021

    対策
    中学1年生2学期より入会。
    入会時は英数30点台での入会。
    英語も数学も基本ができていないため、わかるけど解けない、ケアレスミスを何度も起こすなど問題点が明らかであったため、2科目とも自己流や行き当たりばったりをやめさせました。
    まず、数学では早く、間違わない方法を基本から徹底しましした。
    英語は、中1の最初から戻し点と点とつなげるべく丁寧に進みました。
    その結果、中2にの初めに数学で100点を取り、中3の初めには英語も80点台になり安定しました。
    彼のようにやる気があるのにやり方がわからないそういう生徒は、問題にごとにポイントやコツを教えることで伸びていきます。
    また、褒めながらやることです。
    なかなか成績が上がらない時期をどうフォローするかで大きく変わります。

  • 「おすすめなところです」

    m020

    対策
    小学5年生より入会。
    勉強が嫌いで嫌いで口癖が「やだ、やだ、、」でした。
    中学に入会したばかりのころは、後ろから数えると何番という成績でした。
    それでも、少しずつ確実に進め中3の3学期には、学年で30番くらいまで上がりました。
    高校は、無理なくマイペースでやったほうがよいと判断。
    ご両親とも相談して志望校を古河3高から古河2高に変更。
    学校で余裕を持って勉強し塾で無理のない3年間の受験対策を行い今年春に2高からは、久しぶりの日本薬科の薬学部に入学しました。

  • 「学年で10番に入れた」

    m0191

    対策
    小学6年生より入会。
    算数が苦手というより大嫌いでしたので、簡単に解けるところから始めました。
    難しい、長い問題は捨て簡単な問題を多く解かせアレルギーを取り除くことが第一。
    とにかく、中学で必要な計算のみに終始しました。
    中学では、少しでも点数が上がれば褒めて定期試験のたびに10点アップの目標を立てました。
    その結果3年の最後には、学年でベスト10に入りました。

< 12 3 4 5 >